UTコンストラクションのアウトソーシング事業展開

UTコンストラクションは、建設業における様々な場面で活用できるアウトソーシングサービスを展開する目的で2012年に設立された、建設業界に特化した総合サービス企業です。
一口に建設業と言っても作業工程は複雑です。UTコンストラクションでは、一般的な建設業の調査・設計・施工・完成という一連の流れの各場面において、建設技術者派遣、建設設計・施工請負などのサービスを総合的に提供できる点に特色があります。提供する人材は、大手ゼネコンや中堅の建設会社の第一線で活躍してきたプロフェッショナルを集めています。建設業界に特化した請負・人材派遣サービスなので様々なタイプの技術者が集結しているのがひとつの強みと言えるでしょう。
また、サービス提供の基礎となる人材の育成に力を入れていることも知られています。全社員の正社員雇用というシステムを採用し、社員ひとりひとりにキャリアアップの機会を創っています。専門スクールとの業務提携などによる資格取得を支援やCADスクールを活用するなど、積極的な人材育成は、サービス品質の進化を追い求めるという企業理念に基づくものとも言えます。
UTコンストラクションのアウトソーシングサービスの柱は大きく2つに分けることができます。ひとつは、施工管理業務にとって特に重要な、最適な人材を必要に応じて必要なだけ確保するという目的に不可欠な「派遣サービス」です。そして、もう一つは、派遣には馴染まない建設業務や設計業務を業務として請け負う「請負サービス」です。これらによって一連の作業工程を360度サポートできる体制は、建設業界における新しいアウトソーシングシステムとして位置づけることが可能になっています。

UTコンストラクションのサービスの柱である「派遣サービス」、「請負サービス」どちらも、良質な人材の確保が重要なポイントです。そのための施策としてUTコンストラクションでは、「イキイキ」というキーワードにこだわった採用方針を展開しています。
例えば、全社員の「正社員雇用」を掲げるのも、不安定な雇用では、社員が「イキイキ」と働けないからと言うことです。未経験者でも正社員で雇用しており、働きながら技術を身につけられる体制を整えています。未経験者からプロフェッショナルな人材へと転換する自社システムにより、会社の成長を促すという方針を取っています。
UTコンストラクションが未経験者のキャリアアップのための施策として採用しているのは、アシスタント業務からはじめて徐々に現場の仕組みを理解していく勤務体型や、業界初の資格研修制度などです。特に後者の資格研修制度では、建設業界において施工管理などを行うため

UTコンストラクションは、建設業界向けの新しいアウトソーシングサービスを提供するということで、現在全国各地に展開しています。営業拠点としては、東京本社の他、仙台、名古屋、大阪に営業所を設けています。その他に札幌、福岡にはサテライト事務所も開設しています。取引先も、国内の100社近い企業からの受注を受けています。
また、UTコンストラクションはUTグループに属していて、UTエイム、UTテクノロジーなどとも連携して製造業におけるアウトソーシングサービスの拡大に当たっています。UTグループとして現在目指しているのは、国内最大級の総合エンジニア企業グループです。「エレクトロニクス産業」、「環境・エネルギー分野」、「自動車関連分野」などに加え、震災復興や公共事業などで需要が高まりつつある「住宅・建設分野」で事業を展開しています。
UTコンストラクションはUTグループのなかでも「住宅・建設分野」を担当する企業として、上記の建設エンジニアリング事業部のほか、ハウジング事業部も展開しています。このうち、ハウジング部門では木造戸建住宅の新築やリフォーム工事を請け負っています。経験があって、腕の良い専属の大工を抱え、外観・内観に問わずあらゆる木造住宅分野の施工に対応可能だと言うことです。
公共施設、産業施設からオフィスビル、共同住宅などの建築物件から、道路、上下水道の土木物件など建築業界の幅広い分野でプロフェッショナルな人材・請負サービスを提供する企業として、今後の動向が注目される会社のひとつと言えるでしょう。

UTコンストラクション株式会社
http://www.ut-cn.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. こんにちは、森博和です。この頃、休日はもっぱら録りためたドラマや映画を見て過ごしています。突然ですが…
  2. 現代の多くの企業では、人員削減とコスト削減が進められ、ITとAIの導入は一般的となっています。企業の…
  3. 平成最後の日、平成最後の夏休み、平成最後の・・・1989年1月8日からスタートした“平成”も来年の4…
ページ上部へ戻る