川中商事はLEDの普及にも貢献

川中商事は照明器具の販売や取り付けを行っている会社です。昨今主流になりつつあるLED照明にも対応しており、数多くの照明器具を販売してきました。ここでは川中商事の事業内容についてご紹介します。

■LEDとは
上述したLEDに関してですが、実際にどういった仕組みなのか把握していない人も多いでしょう。LEDはライト・エミッティング・ダイオードの略です。日本語では「発光ダイオード」となります。学生時代の授業で習った記憶がある方も多いのではないでしょうか。通常の照明との大きな違いは、発光ダイオードの光は電気そのものではないということです。発光ダイオードは電圧を掛けると発光する仕組みになっており、LED電球などはその仕組みを利用して、微弱な電圧を発光ダイオードに与えることで大きな光に変えているのです。電気で直接光を出す電球は、大きな光を出そうとするとそれだけ大きな電力が必要となりますが、LEDならその10分の1程度の電気で十分な光を生み出すことができます。また使用する電気が少なくて済むということは電球本体にかかる負担も弱くなるということです。これによって長寿命化も実現されました。

■川中商事のLED照明
川中商事はLED照明の取り付けや販売を積極的に行っています。オフィス向けの照明器具であるアイフラットライトもその一つです。もともと光が強いLED照明に反射しやすい設計になっているフラットカバーをかぶせることによって、光度の大きさに加えて全体的に均一な光を実現しています。オフィスなどはいくつも照明をつけるものですが、実は全体を均一に照らすというのは難しいことなのです。必ずと言っていいほど暗くなってしまう場所が出てきます。しかしアイフラットライトならそのような心配はなく、どこの席で仕事をしていても陰に悩まされたり、薄暗さに悩まされたりすることがなくなるでしょう。

■アイフラットライトのタイプ
アイフラットライトはいくつかのタイプが存在します。まず広めのオフィスによく使われる「ダブル40シリーズ」です。細長タイプとなっており、今まで各蛍光灯2本タイプの照明器具を使用していたオフィスなどの付け替えに最適です。次に埋め込み型の「S60シリーズ」です。これは天井と完全なフラットの状態になるため、見た目的にもスッキリしますし、何よりオシャレです。最後に「トリプル32シリーズです」S60シリーズと似ていますが、こちらは天井から若干出っ張る形になります。通常の照明に比べてスッキリしているので、事務所内の雰囲気を損ないません。

川中商事はこのようにLED照明の販売を積極的に行っています。エコや省エネが取り沙汰される現代において、川中商事のような会社の存在は必要不可欠であると言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. こんにちは、森博和です。この頃、休日はもっぱら録りためたドラマや映画を見て過ごしています。突然ですが…
  2. 現代の多くの企業では、人員削減とコスト削減が進められ、ITとAIの導入は一般的となっています。企業の…
  3. 平成最後の日、平成最後の夏休み、平成最後の・・・1989年1月8日からスタートした“平成”も来年の4…
ページ上部へ戻る