関根義光の説くマインドと株式会社sekinetについて

株式会社sekinet コミュニケーション能力は、ビジネスの現場で非常に重要なもの。そして、その能力を活かすためには、ただ話すだけでなく「何を話すのか」「どういう視点を持つのか」といった思考力が求められます。今回は、自身のメールマガジンやセミナーで思考力を鍛えることが大切だと説く、株式会社sekinetの関根氏を取り上げ、その考え方を紹介します。

■売り手の思考力
ビジネスの最終目的は、自社商品やサービスを顧客に販売し、対価としてお金を得て、利益を上げることです。そのためのプロセスとして、売り手は高い価値を提供しなければ、顧客の購買意欲を高めることができません。

成果を得るための販売プロセスを紐解くと、売り手はさまざまな情報を入手する必要があります。目の前にいる顧客にとって最適な情報をすぐに引き出し、話をすることが求められるのです。株式会社sekinetおよび関根氏は、自社セミナーやメールマガジンを通じて、売り手の思考力強化について啓蒙活動を行っています。

■魚の絵のたとえ
株式会社sekinetの関根氏は、売り手の思考力について、殿様に珍しい魚を売ろうと考えた商人の話を例に挙げて説明しています。数ある商人たちの中でも一人だけ殿様の視点を考えて「魚を上から描いた絵」を持参し、商談を成立させたという話です。

これは、一般的な常識よりも買い手の視点が重要だというたとえ話ですが、情報を発信するビジネスパーソンを目指すのであれば、殿様の視点を手に入れなければなりません。その人独自の目線(フィルター)を持つことで、物事の見え方が変わり、そこからサービスや商品の価値を生み出すことができるのだと関根氏は説いています。

しかし、本当に成功するのは自分自身のフィルターを持ち、ひとつの情報から新しい価値観を創造できる人。だからこそ、株式会社sekinetは成功者の関根義光氏がセミナーを行い、受講者の思考力を鍛えることに重きを置いているのです。

株式会社sekinet
https://shachomeikan.jp/presidents/10062274/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. こんにちは、森博和です。この頃、休日はもっぱら録りためたドラマや映画を見て過ごしています。突然ですが…
  2. 現代の多くの企業では、人員削減とコスト削減が進められ、ITとAIの導入は一般的となっています。企業の…
  3. 平成最後の日、平成最後の夏休み、平成最後の・・・1989年1月8日からスタートした“平成”も来年の4…
ページ上部へ戻る