丼と萩広史

萩広史が今趣味としてとてもハマっていること、それが料理です。彼は30代のサラリーマンです。目立つようなことがあまり好きではない彼がブログに自分で作った料理をアップしたこと。この時にアップした料理が大きな反響を呼びました。そして、この行動がきっかけで彼は料理に対して自信をつけていくことになるのです。萩広史が得意としているものは、丼物です。一つの器でご飯とおかずを食することができる手軽なものがとても大好きな萩広史。初めは適当な食材で適当に味付けをして食べていたそうですが、もっと美味しい丼が食べたいと思うようになってからは彼の料理の腕も自然に上がっていきました。

また、家庭料理の一つとも言える丼物は萩広史にとって、どこか懐かしい味だと感じられることもお気に入りのポイントだそうです。中でも特に親子丼は萩広史のお気に入りの一品であり、そのレシピもこだわりのあるものになっています。鶏肉と卵の相性なども色々考えて彼なりの親子丼を作り上げています。彼の一番のこだわりは卵です。やはり味の決め手となるのがこの卵であり、材料がよければ味も一層美味しくなるのです。卵をあまり固めすぎず、そして味付けも卵自体の味を消さずに仕上げるのもポイント。彼がアップした卵の様子をみると余熱で加熱された感じがすごくでていて本当に美味しそうな親子丼になっているのです。さらに彼のすごいところは、ダシも時間があれば自分でとってしまうところです。親子丼などは、ダシも味の決め手になります。市販のものでもいいのですが、いろいろなものでダシをとることでその味わいもかなり変わってきます。彼はそれに気付いて時間があるときにダシを一から作っているのです。

こんな料理を見せられてしまったら、食べたい!とほとんどの人が思うことでしょう。萩広史が作り上げた親子丼、ツヤもいい感じで出ていますし、本当にこれが一般男性のつくる料理なのかと思えるほどです。料理の端々に繊細さが表れているのをみると、彼の器用さやセンスの良さがうかがえます。萩広史はさらにこの親子丼をアレンジしているのですが、鶏肉を使わずに魚介類を使ったものは、どんな味がするのかと見ている側も想像力を掻き立てられるものになっています。萩広史曰く、この親子丼のレシピをアレンジすることでいろいろな料理ができてしまうということです。

確かに味を濃くしたり薄くしたり、少し甘辛にしてみることや使う食材をいろいろ変えていけば、何種類もの丼ができてしまいます。萩広史の目指す料理は、一つのものから多くのバリエーションを作り出していけるものだそうす。彼の熱のこもる料理からこの先も目が離せないのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 平成最後の日、平成最後の夏休み、平成最後の・・・1989年1月8日からスタートした“平成”も来年の4…
  2. 今、現代社会において、いろいろなトラブルや詐欺行為が横行しています。当然、被害者側は被害を被った代償…
  3. 本場のイタリアより取り寄せた美味しい食材と、季節に合わせた旬の国産食材を織り交ぜ、それらをシェフの感…
ページ上部へ戻る