柯 康仙はショパンとフットサルが趣味

柯 康仙は埼玉生まれで25歳の男性です。ここでは彼の趣味に関してご紹介します。柯 康仙はクラシック鑑賞とフットサルを趣味にしています。クラシックでよく聴くのはショパンとのことです。ショパンには「革命」や「華麗なる大円舞曲」「英雄ポロネーズ」など名曲が多く、その美しい旋律は今なお多くの人を惹き付けてやみません。人気漫画の題材として扱われたこともあり、一時期普段クラシック音楽を聞かない層にも人気が波及したことがあります。

柯 康仙もそんなショパンに魅せられた一人です。CDはもちろん所有していますが、生演奏を聴きに行くこともしばしばあります。彼の出身地である埼玉には数々のホールがあります。大きなところだとさいたま市文化センターなどが有名で、その他にもさいたま市民会館の他、大小合わせるとかなりの数の会場があり、彼は各会場のスケジュールを確認してクラシックが演奏される日を狙って足を運んでいます。現在はDTMなどの打ち込み音楽が主流となっているため、生演奏を聴いたことがある方は少ないかもしれません。生で聴く楽器の音は迫力が違うのだと彼は語っています。耳というより体全体が音楽を感じているような感覚を覚える人もいるほど、音によって空間が揺らされます。さらにオーケストラなどの生演奏は迫力があり、CDでは味わえない感動を与えてくれるのです。柯 康仙もこういった感覚を得るために生演奏を好んで聴きに行っているのです。

柯 康仙はクラシック鑑賞の他に大切にしている時間がもう一つあります。それがフットサルです。フットサルは5人で行う屋内サッカーで、非常に運動量が多いのが特徴です。また単純な運動量だけでなく、狭いピッチ内で自由自在にボールをコントロールする繊細な技術も必要になります。柯 康仙は体を動かし汗を流すことが好きなので、この時間を大切にしているのです。健康のために運動を始めた人の中で「ランニングが続かなかった」「ウォーキングが続かなかった」という人も多いのではないでしょうか?こういった運動は自分との戦いになってしまうことが多く、ストイックになれないと続かないという側面があります。柯 康仙も「どうせ続けるなら楽しいスポーツ」とフットサルを続けています。今ではチームの中でも主力選手として活躍しています。

柯 康仙の趣味であるクラシック音楽鑑賞とフットサルですが、馴染みがないという方も多いのではないでしょうか?もし興味を持ったらこの機会に始めてみてはいかがでしょう?彼のような楽しい毎日が送れるかもしれませんよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 平成最後の日、平成最後の夏休み、平成最後の・・・1989年1月8日からスタートした“平成”も来年の4…
  2. 今、現代社会において、いろいろなトラブルや詐欺行為が横行しています。当然、被害者側は被害を被った代償…
  3. 本場のイタリアより取り寄せた美味しい食材と、季節に合わせた旬の国産食材を織り交ぜ、それらをシェフの感…
ページ上部へ戻る