平野椿紗という少女を知ってもらいたい

怪童、天才少女、○年に一度の天才…。少し才能を持った子供が現れるとこのような言葉で紹介される事は珍しくはないのだが、平野椿紗に関してはむしろこういった言葉が陳腐に思えてしまう程の本物です。なぜなら平野椿紗はメディア主導で注目されるようになった人間ではありません。自分自身の才覚によって大きな注目を集めるようになった人間です。平野椿紗は小学校5年生の10歳。外見だけ見るとまだまだ普通の子供といった所だが、中身に関しては大人も真っ青な程の才覚を持っているのです。平野椿紗は日本珠算連盟の暗算三段を10歳にして保持しています。

まだまだ頭で考えるよりも本能的にいろいろな事を吸収すべく年齢であるのに、暗算三段を取得しているのです。暗算三段と言われても一体どのような事をするのかピンとこないかもしれませんが、10桁の足し算引き算を10カウント。

それを10分で14問正解させなければなりません。これは電卓を使ったとしてもかなりハードルが高い事でしょう。むしろ無理とさじを投げてしまう人もいるかもしれません。だが平野椿紗はそれを頭の中だけで行うのです。冒頭で出た言葉たちが陳腐なものに思えるという言葉も、暗算三段がどのようなものなのかを知れば納得していだけるのではないでしょうか。親に勧められて珠算に通うようになったは、元々計算が得意だったのか、あるいは平野椿紗に合っていたのかメキメキと頭角を現したとの事。珠算三級まで一年かからなかったというのは驚きでしかありません。

ちなみに珠算は三級取得からがちょっと難しくなっているため、ここで挫ける人もいれば、三級取得のために何度試験に落とされても頑張っているという人もいます。その三級まで一年足らずで取得したと言うのだから驚き以外の言葉が見当たりません。

また、珠算は並行して暗算も行うのだが、暗算の場合頭の中で算盤をイメージして計算するのだが、これには向き不向きもあります。珠算塾としても暗算よりも珠算の方で頑張ってもらいたいとの思いがあるのと共に、暗算を教えるのは本人の才覚な部分もあるから自主性に任せているのです。つまり、平野椿紗は誰かに教わったとかではなく、自分自身の才覚を発揮してそこまでの才能を発揮しているという事になります。しかもまだ10歳。教育水準の低下が叫ばれている我が国に於いて、彼女が10歳にして作り上げている実績は多くの教育委関係者をも驚かせており、彼女の将来に期待している人は多い。もちろん筆者もその一人です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 今、現代社会において、いろいろなトラブルや詐欺行為が横行しています。当然、被害者側は被害を被った代償…
  2. 本場のイタリアより取り寄せた美味しい食材と、季節に合わせた旬の国産食材を織り交ぜ、それらをシェフの感…
  3. 家庭的な雰囲気のある下関 美容室varieです。お客様一人一人それぞれの髪や肌質に合わせた施術を行い…
ページ上部へ戻る