牧野奏子が取得した化粧品成分検定とは

牧野奏子はフリーランスの美容ライターです。経歴としては、慶應大学を卒業したのち、大手化粧品会社に就職し、その後美容関連のライターとして独立しています。美容に関する情報をより多くの女性に発信したい、的確な情報を提供したいという思いから、慶應のころより気になっていた化粧品成分検定試験を受けることにしました。化粧品成分検定は、化粧品成分検定協会(CILA)という一般社団法人が主催している試験のことです。

牧野奏子の受験した化粧品成分検定は、化粧水や美容液、シャンプー、日焼け止めなどの化粧品に含まれる成分に関する情報を把握しているかどうかを考査するための試験です。化粧品成分検定を学ぶことによって、個別の化粧品のパッケージなどを見てどのような成分が含まれているか情報をすぐに読み取れます。このため、自分が求める目的に合致する化粧品を正しくピックアップできるようになるのです。2001年4月の薬事法改正によって、医薬部外品を除くすべての化粧品において、含まれているすべての成分を表示するようになりました。しかし、専門知識を持たない消費者にとっては、記載してある内容をすぐに理解するのは難しいのも事実です。だからこそ化粧品成分検定試験を受けて、正しい知識を身につける必要があるわけです。

牧野奏子の受験した化粧品成分検定では、1〜3級に分かれて考査が行われます。3級はいわば入門編で、日常生活で役に立つ成分の知識について勉強します。2級は成分やパッケージ内容を理解できる基礎問題、そして1級になるとどのような化粧品がマッチしているかアドバイスできるだけの応用編の試験となります。3級試験についてはWEBで受験することができ、お金もかかりません。2級以上の試験は会場で受験する有料制のものになります。ちなみに2級以上の試験に合格すると称号を手に入れることができます。2級合格者は化粧品成分スペシャリスト・1級合格者は化粧品成分上級スペシャリストと呼ばれます。3級試験はいつでも無料で受験できますが、2級以上の試験は6月と12月の年2回開催されています。

化粧品成分検定で得られる資格は、化粧品の販売員や化粧品メーカーへの就職を目指している人にもおすすめです。牧野奏子は慶應を卒業してから化粧品会社にいたという経緯もあり、化粧品に関する業界でキャリアアップを目指しています。そのため、この資格が今後につながる大事なものであると考えています。また、化粧品の成分に関する広く深い知識を獲得することによって、化粧品に関する的確なアドバイスができるようにもなります。慶應の頃より勉強をすることは好きだったので、試験勉強自体も苦ではないといっています。化粧品成分検定を生かして、サロンの開業、オリジナルコスメのプロデュースなどにつなげていくことが、牧野奏子の抱える今後の目標です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 本場のイタリアより取り寄せた美味しい食材と、季節に合わせた旬の国産食材を織り交ぜ、それらをシェフの感…
  2. 家庭的な雰囲気のある下関 美容室varieです。お客様一人一人それぞれの髪や肌質に合わせた施術を行い…
  3. 秀光ビルドは3つの家のプランを用意して、さらに自由設計や規格住宅も用意しています。このように全部で5…
ページ上部へ戻る