佐上邦久の動物への愛があふれたどうぶつ基金の活動とは

佐上邦久は、飼い主が居ない猫や捨てられてしまった動物たちが行政機関により処分されてしまう事を阻止することを目標にしてどうぶつ基金という団体を立ち上げた人物として知られています。どうぶつ基金では、生まれて間もない子猫が生まれてすぐに捕獲されてしまい、普通の猫と同じように生活をすることが出来ないという状況を改善する事を目指しています。佐上邦久氏は日本国内だけでなく、海外でも行政により殺処分されてしまう動物が増えてしまっているという現状を変えるために、海外での動物の去勢手術の技術指導を行っている事でも知られています。

佐上邦久の進めている計画であるどうぶつ基金では、支援者からの募金や獣医師からの協力のもと、犬や猫が繁殖しすぎる事のないように去勢手術を行う事を活動の軸としています。きちんと人間の手によって去勢手術を行う事ができれば、行政によって殺処分されてしまう動物の数が減るという考え方が元になっているのです。佐上邦久氏は、将来的に殺処分されてしまう犬や猫の数かゼロになることをどうぶつ基金の目標として活動を続けています。

佐上邦久氏によるどうぶつ基金での活動は国内のみならず、海外でもその活躍をしています。海外では、動物の去勢手術や不妊治療の方法が十分に確立されていないために、手術が危険なものになってしまう可能性もありました、しかし、どうぶつ基金が中心となって治療方法を現地の人に伝える事により、今までよりも格段に去勢手術の安全性が向上したのです。そのため、海外においても行政により殺処分されてしまう犬や猫の数を減らす事ができたという点で、佐上邦久氏の活動は全国のメディアで賞賛されているという事が出来ます。

公益財団法人どうぶつ基金
https://www.doubutukikin.or.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 平成最後の日、平成最後の夏休み、平成最後の・・・1989年1月8日からスタートした“平成”も来年の4…
  2. 今、現代社会において、いろいろなトラブルや詐欺行為が横行しています。当然、被害者側は被害を被った代償…
  3. 本場のイタリアより取り寄せた美味しい食材と、季節に合わせた旬の国産食材を織り交ぜ、それらをシェフの感…
ページ上部へ戻る