大協広告が持つブライダルへの強みが広告戦略を加速する

大協広告の特徴を一言で表すとするならば、ブライダル業界専門の広告制作会社だと表現できます。企業活動において欠かせない広告という存在を扱うなら、どのような相手に、いつ、どのタイミングで、そして、どのような広告を提供するのかが非常に重要です。ですから、切り込みたい業界に攻めこむにあたって戦略的な選択を施すとするなら、業界に明るいパートナーを選ぶのが重要です。その点で、大協広告は、ブライダル業界に広告を出稿したいと考えるなら最良の水先案内人となってくれる力を持っているといえます。

大協広告が持つブライダル業界への強力な訴求力は、独自企画として提供されたレストランウェディングに関する雑誌を作成している実績があるという点からもわかります。もちろん、広告らしい広告も重要ではありますが、現代においては広告感の出過ぎている広告のみならず、いかに自然な形で広告訴求ができるか、という点についても重要視される時代です。大協広告は様々な雑誌媒体においてウェディングに特化した記事を作成しているというところを考えると、自然な広告出稿にも対応できるだけの実力があるともいえます。レストランウェディングを取り扱った雑誌においても、結婚式そのものを売るのではなく、結婚式に集まる人同士のつながりを売る事が重要だと説いています。物的満足感以上に精神的満足感が求められる時代において、このような考え方を持つ大協広告は心強い味方です。

大協広告が心強い味方だといえる理由には、1970年に創立してから半世紀近くにわたるブライダル業界の変遷を見届けてきた歴史の重みもあります。団塊世代から少子化世代に移行するまでに生まれた様々な世相や流行を飲み込んで導き出す現代の結婚式像への造詣は深く、これまでにどのような革命的変化がブライダル業界に起きたのか、そしていま求められているものは何なのか、温故知新の精神で広告出稿に当たれるのは、歴史の浅い企業には真似のできない部分です。

大協広告にはさらに、協力してくれる様々なメディアがあります。その雑誌数は20を超え、ジャンルも総合的な情報や会場探し、婚礼衣装や結婚後の生活にまで多岐にわたっているばかりでなく、年間を通して一切雑誌が発売されない月は皆無だというところも無視できません。広告を打つなら、狙ったタイミングで広告を表示できる必要があるという側面から逃れられません。そのとき、大協広告が持つ幅広いネットワークを通して、思い通りの時期に広告出稿ができる点は、利益創出の機会を逃さないための大きな力になります。

大協広告株式会社
http://www.daikyo-ad.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新投稿記事

  1. こんにちは、森博和です。この頃、休日はもっぱら録りためたドラマや映画を見て過ごしています。突然ですが…
  2. 現代の多くの企業では、人員削減とコスト削減が進められ、ITとAIの導入は一般的となっています。企業の…
  3. 平成最後の日、平成最後の夏休み、平成最後の・・・1989年1月8日からスタートした“平成”も来年の4…
ページ上部へ戻る